☆★☆あにめちゃんねるあふたー☆★☆

イヤホン、ヘッドホン関連で情報を発信します。おすすめの漫画ラノベを紹介し、簡単にご購入頂けますので、ご利用下さい。 読者様のご支援によってこのブログは運営されています。20:00周辺で更新予定。

【IE800】音質 レビュー

IE800といえば長い間VGPで高く評価されてきた屈指の名機です。

f:id:shikura-blueberry:20190508201906j:image

ダイナミック1発とは思えないほど全体域の分離が強く、まるでコンサートホールのような音場を兼ね備えており、【ゼンハイザー】の集大成とも言えるイヤホンです。この技術は以降のHD800Sにも使われてるわけですから、この機種はゼンハイザーを語る上では切っても切り離せないわけです。

そんななか、この機種を使い始めてからまる5年経とうとしているので、ここで一区切りとしてレビューを行いたいと思います。

 

 

 

 

ゼンハイザー カナル型イヤホン IE 800【国内正規品】

ゼンハイザー カナル型イヤホン IE 800【国内正規品】

 

 

 

 

まず簡単に

☆音のバランス

高域★★★★☆

中域★★★★☆

低域★★★★☆

となります。どの帯域をとっても過不足なく完成度がたかいです。高域の伸び、低域の沈み込み、圧巻です。

周波数特性も5〜46500hzとハイレゾの定義にもしっかり当てはまり、高性能です。

☆音質

一言で表すと、コンサートホールです。

こんなに小さい筐体であるのにもかかわらず、圧倒的な音場を獲得しているのは、ゼンハイザーの技術の結晶でしょう。

音の再現も緻密で、細かい音も聞き取れます。

付け心地も軽く、楕円形のイヤーピースは人間の耳にピタッと張り付く感じでフィット感もよいです。

☆欠点

ゼンハイザー特有なのですが、ボーカルはあまり前には出てきません。たしかに十分に出ているのですが、もっとボーカルを聞きたいという方は10万超えて出さないとこの音質レベルで聞くことは難しいです。

shure掛けができない。

リケーブルができない。

製造当初のモデルだとケーブルの硬化がある。

中古で買う際は注意!!!

 

他機種との比較ですが、7万円ですと、敵はいません。しいて言うならse846 あたりが候補になってくると思いますが、あの機種は音を楽しむと言う点においてはおすすめ致しません。

目指すベクトルが違うので、今後、se846 についても後述致します。

 

以上です。