☆★☆あにめちゃんねるあふたー☆★☆

イヤホン、ヘッドホン関連で情報を発信します。おすすめの漫画ラノベを紹介し、簡単にご購入頂けますので、ご利用下さい。 読者様のご支援によってこのブログは運営されています。20:00周辺で更新予定。

DAC素子 旭化成エレクトロニクス AK4497 AK4499について

旭化成 AK4497 AK4499の違いなど

AK4497はAK4490(ak380に搭載 2014年くらい?)を基にしてブラッシュアップされた電圧出力型の完成系のようなDAC素子である。

 

かたやAK4499は旭化成初の電流出力型のDAC素子である。AK4497より少し大きい。

 

何がすごいのかS/N比と全高調波歪から見る。

AK4499 140db -124db

音の立ち上がりが早く、きれがある。

AK4497    128db   -116db

繊細な音の表現。

 

どちらも旭化成を代表するフラッグシップDAC素子である。

 

近年の旭化成DAC素子の歴史

2014 AK4490 

120db  -112db 7mm7mm

2015 AK4452

2016 AK4497

128db  -116db 10mm10mm

    AK4493(AK4490を超える)

 

ESSは自社工場をもたず、LSI請負工場依頼。

旭化成は自社。

 

DAC選びでは絶対旭化成をおすすめする。というか旭化成以外は買わないで。

まぁ誇張表現だが。。。