☆★☆あにめちゃんねるあふたー☆★☆

イヤホン、ヘッドホン関連で情報を発信します。おすすめの漫画ラノベを紹介し、簡単にご購入頂けますので、ご利用下さい。 読者様のご支援によってこのブログは運営されています。20:00周辺で更新予定。

【k3003】音質 レビュー

今回は唯一無二の魅力があるk3003についてのレビューを行いたいと思います。

f:id:shikura-blueberry:20190508202017j:image

個人的にですがある意味これを超えるイヤホンというのは2019年4月時点では出会ったことがありません。

しかし、このイヤホンは10万円を超えるイヤホンですので、おいそれと購入するのは難しいと思います。また、生産中止というのもありまして、今回レビューの方をさせていただこうと思います。現在は最安13万円程度で新品が流通しています(2019/3/24)。

 

 

AKG K3003 イヤホン カナル型 K3003 【国内正規品】

AKG K3003 イヤホン カナル型 K3003 【国内正規品】

 

 

 

まず簡単に

☆音のバランス

高域★★★★★

中域★★★★★

低域★★★★☆

となります。

かといって低域が不足しているというのではなく、k701のようなバランスでわざと低域に締まりをもたせ、他の帯域とのバランスをとっているように感じます。

☆音質

一言で表すとキラキラサウンドです。ハイブリッド型ですので、BA型、高域と中域に2基、ダイナミック型、低域に1基という構成です。

特に女性ボーカルについては艶があり、最高です。また、電子音についても、キレのある音で忠実な再現をしてくれます。

リファレンスモデルですので、とにかく分離感がよく、音の粒が細かいです。

☆同価格帯モデルとの比較 10万〜

IER-Z1R

 

k3003と同じくハイブリッド型なのに自然な音のつながりがあります。16万程度ですが、リケーブルなどの点で、こちらの方が一般の方にはおすすめです。欠点は、k3003より音が前に出てこないという点です。全ての音をダイレクトに聞き取りたい方はk3003をおすすめ致します。

legend X

 

低域がすごい。この一言につきます。ヘッドホン並みです。かといって、不快感は少ない。

面白いモデルです。高域についても埋もれてはいないです。

ただ、個人的には質感がプラスチック感と2ピンプラグなので耐久性には問題がありそうです。k3003ほど解像度はよくありませんが、不思議と魅力のあるイヤホンです。モニター傾向は少なめで、リスニング向けに徹底的にチューニングされたモデルという印象でした。

andromeda

 

 k3003と比較すると圧倒的に高音の伸び、ボーカルの質感は負けてしまっています。低域についても、ダイナミックをつんでいないので、劣っています。(あくまでも個人の感想です)

ただあくまでも k3003との比較の上です。

それ以外の機種では、音のバランスの良さ、mmcxのリケーブル、ケーブルの質などの点で、無類の強さを誇ります。

音だけで比較すると k3003ほどの感動はありませんでした。

また中身の作りがあまり良くないと一時期話題になりました。塗装剥げも起こりやすいです。

ただ10万〜15万の間では k3003を除くと二番目におすすめの機種です。音だけではなく使い勝手を考えるとこっちの方がいい場合もあります。

長くなりましたが、疲れたので、ここでレビューを一回切り上げたいと思います。また、追記で補っていく方向で、ここまでとさせていただきます。

 

後継機としてN5005という機種もでています。

 

 

 

以上です。